太陽光発電とは?

太陽光発電とは自宅の屋根に取り付けたソーラーパネルによって太陽の光を蓄積し、電気に変換する事で消費電力量を賄うシステムの事です。太陽光発電は自然のエネルギーを利用して電力を発生させるのでとてもエコな発電方法として現在注目を浴びています。今回はそんな太陽光発電の内容についてご紹介します。

太陽光発電が人気の理由


太陽光発電の人気の秘訣は地球温暖化対策に直結する事によります。太陽光発電はそれ以外の発電方法と違い二酸化炭素、騒音、排気ガスなどを一切排出しないので無駄が無くとてもクリーンな発電方法と言われています。
また発電所による企業の発電と違い、各家庭での発電となるのでソーラーパネルから蓄積した電力をそのまま家庭の電力として消費出来ます。そのため太陽光発電は各家庭の省エネに直結しています。

太陽光発電の仕組み


太陽光発電は屋根に搭載された本体である太陽電池モジュール(ソーラーパネル)を始めとして多くの周辺機器と合わさって構成されています。まず屋根の太陽電池モジュールが浴びた太陽の光を電気に変換します。その電機は外壁に搭載されたパワーモジュールに電力として一旦蓄積されます。
その後電気を消費する際は室内に搭載された分電盤を通して部屋の隅々にまで行き渡ります。その際に消費した電気量あるいは消費されずにパワーモジュールに蓄積された電気は、屋外にある電力メーターによって記録されます。

太陽光発電による電力の売買


太陽光発電によって作られたにもかかわらず消費されずに余った電気は電力会社に買い取ってもらうことが出来ます。
太陽の光が射さない夜間や曇りの日あるいはエアコンの消費量が多くなる夏や冬は太陽光発電だけでは間に合わないので電力会社から電気を買い取りますが、連日快晴が続いた日などはたくさん電力を蓄積できるので太陽光発電による電気が余ります。
この様に太陽光発電による電気量がバラつきが出てしまいますが、余った分の電気は電力会社に買い取って貰うことが出来るので年中無駄無く太陽光発電を利用することが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。太陽光発電は太陽電池モジュールを利用して各家庭で自然由来の電力を使用することが出来るので地球環境にとても優しい発電方法として現在注目を浴びています。太陽光発電に関する技術やシステムは年々向上していますのでこれからも太陽光発電は全国的に広まっていくのではないでしょうか。

Follow me!