太陽光発電の蓄電池について

太陽光発電とは自宅の屋根に取り付けたソーラーパネルによって太陽の光を蓄積し、電気に変換する事で消費電力量を賄うシステムの事です。太陽光発電は自然のエネルギーを利用して電力を発生させるのでとてもエコな発電方法として現在注目を浴びています。

また太陽光発電は電気を生成するだけでなく余剰分の電気を蓄電することも出来ます。今回はそんな太陽光発電の蓄電システムについてご紹介します。

 

太陽光発電の蓄電システム

太陽光発電はの基本的な流れは「日光を浴びた太陽電池モジュールから電気を生成する」→「パワーモジュール・配電盤を通して家庭内に電気を通す」→「電力メーターによって消費量が記録される」となります。この際に電力メーターに記録されるのは消費量だけでなく消費しなかった余剰分も記録されます。

雨の日やエアコンの消費量が多い時期は太陽光発電だけでは足りないので電力会社から更に電気を買い足すことになりますが、連日快晴が続いた日は太陽光発電だけで賄えるだけでなく余剰分が発生することもあります。その場合パワーモジュールにて電気を一旦備蓄することが出来ます。

 

蓄電した太陽光発電の行方

パワーモジュールに備蓄された余剰分の太陽光発電はそのまま家庭用の電力として使い回すことが出来ますが、使用しなかった場合電力会社に買い取って貰うことが出来ます。このシステムは特に災害や停電などで電力会社からの電気の供給が断たれた際に効果を発揮します。

太陽光発電によって備蓄された電気はバッテリーや乾電池とほぼ同じなので通常の電力が使えない状態でも、備蓄した電気によって家庭内の家電を利用することが出来ます。

 

定置型と可動型

太陽光発電によって備蓄した電気は大きく分けて定置型と可動型の2種類があります。現在家庭内で使用されている太陽光発電の蓄電システムは定置型が主流となっています。定置型の蓄電システムはパワーモジュールの中の電気を使用するタイプなので、有事の際はその中から電気を取り出して家庭内で利用します。

可動型の蓄電システムはパワーモジュールに搭載された乾電池に電気が蓄積されて、その乾電池を電力として使用します。可動型の蓄電システムに使用される乾電池は充放電に向いているリチウムイオン蓄電池、 業務用のバッテリーとして使用され高電圧を使用できる鉛蓄電池、家庭用の充電式乾電池に使われているニッケル乾電池などがあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。太陽光発電の蓄電システムは有事の際に予備電源として利用したり、電力会社に買い取って貰うなどの手段があるので太陽光発電を無駄無く利用することが出来ます。そのため太陽光発電は無駄の無い発電方法として現在注目を浴びています。