太陽光発電によるメリット①

太陽光発電とは自宅の屋根に取り付けたソーラーパネルによって太陽の光を蓄積し、電気に変換する事で消費電力量を賄うシステムの事です。太陽光発電は自然のエネルギーを利用して電力を発生させるのでとてもエコな発電方法として現在注目を浴びています。そんな太陽光発電が持っているメリットについて迫ってみました。

 

電気代の削減

太陽光発電の最大のメリットはやはり電気代を浮かすことが出来る点です。一般的な家庭ではその地域を管理している電力会社から電気を供給してもらい毎月電気代を支払っています。

しかし太陽光発電を使用している家庭は屋根に取り付けた太陽電池モジュールから生成された電気を家庭用の電力として利用します。そのため電力会社からの電力の供給が必要無くなります。あるいは電力の供給が必要だったとしてもごく少量で済みます。

また太陽光発電による電気が余った場合はパワーモジュールの中に蓄電することが出来て、非常時に使用あるいは電力会社に余剰分を買い取って貰うことが出来ます。

更に家庭内の光熱費を使用するシステムをオール電化にすれば、本来光熱費として支払うべきエネルギーを太陽光発電で賄って省エネすることも出来ます。

 

事業拡大

太陽光発電が各家庭に普及し始めてから10年以上経過していますが、開始した当初と比較すると現在の太陽光発電事業は年々拡大して行っています。太陽光発電の事業拡大は本体である太陽電池モジュール及び周辺機器の価格に反映されています。

現在の太陽光発電の初期投資にかかる費用は10年前と比較すると半額に、本体価格だけなら7割引きになっていると言われています。

さらに太陽電池モジュールを利用した太陽光による蓄電システムも年々向上しているので太陽光発電のコストパフォーマンスも上昇して行っています。

 

曇りや雨でも発電している

太陽光発電は太陽の光によって電力を生成するので、当然晴れの日に効果を発揮します。しかし日光が少しでもあれば充電することが出来るので曇りや雨の日でも少量ながら充電する事は可能です。そのため曇りや雨の日が続く梅雨の時期でも全く使えないわけではありません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。太陽光発電は自然由来のエネルギーを利用して電気を生成するのでとても地球に優しい電力と言われています。環境問題が大きな課題となっている現在において太陽光発電はニーズに会っているのでこれからも更なる事業拡大が期待されることでしょう。