太陽光発電によるメリット②

太陽光発電とは自宅の屋根に取り付けたソーラーパネルによって太陽の光を蓄積し、電気に変換する事で消費電力量を賄うシステムの事です。太陽光発電は自然のエネルギーを利用して電力を発生させるのでとてもエコな発電方法として現在注目を浴びています。

太陽光発電は各家庭の電気代を削減出来ることが最大のメリットですが他にも太陽光発電によるメリットはたくさんあります。今回はそんな太陽光発電に纏わるメリットをご紹介します。

 

非常用電力として使える

太陽光発電は太陽電池モジュールによって電気を生成出来るだけでなくパワーモジュールの中に蓄電することも出来ます。このシステムは2011年に東日本大震災が起きた事により注目されました。

太陽光発電によって備蓄された電気は災害や停電によって電力会社からの電気の供給が断たれた際にも使用することが出来ます。そのため太陽光発電を導入している家庭は災害時にもテレビや家電や携帯の充電器が使用できるので身の安全を保障することも出来ます。

 

寿命が長い

太陽光発電のメリットは本体である太陽電池モジュールの寿命が長い点にもあります。太陽光発電は本体及び周辺機器なども含めると初期投資金額で数百万円かかります。しかし太陽光発電に必要とされる本体の太陽電池モジュールの寿命は20年~30年、パワーコンディショナーなどの周辺機器は10年~15年と言われています。

その間に太陽光発電による電気を使用したり、余剰分の電気を電力会社に買い取って貰う事で電気代をはるかに浮かすことが出来るので約10年間で導入費用を回収できると言われています。そのため一戸建て住宅にお住まいで長期間に渡って居住し続ける予定の方は、長い目で見ることで太陽光発電を経済的に使用することが出来ます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。太陽光発電は省エネだけでなく非常用電力や長期間の利用に向いていたりと様々なメリットがあります。これからも太陽光発電はより一層注目し続けるのではないでしょうか。