太陽光発電によるデメリット

太陽光発電とは自宅の屋根に取り付けたソーラーパネルによって太陽の光を蓄積し、電気に変換する事で消費電力量を賄うシステムの事です。太陽光発電は自然のエネルギーを利用して電力を発生させるのでとてもエコな発電方法として現在注目を浴びています。

しかし太陽光発電は従来の電力会社からの電気の供給の際には考えられないデメリットが存在します。太陽光発電を取り付ける前に太陽光発電だからこそ生じるデメリットの存在を覚えておきましょう。

 

天候に左右される

太陽光発電は太陽の光を浴びて電力を生成します。そのため太陽の光が出ていない曇りや雨の日は太陽光発電が出来なくなります。正確には曇りや雨の日でも少量の電力を生成していますが晴れの日に比べれば大幅に少なくなってしまいます。

太陽光発電による電力の供給が少なくなる時期は日が出ている時間が短く日射量も少ない冬の時期です。あるいは北海道や北陸地方も冬になると雪の日が続くので太陽光発電の効果が少なくなってしまいます。

逆に日が出ている時間が長く日射量が多い夏の時期は太陽光発電の効果が発揮されます。また九州・沖縄の赤道に近い地域は年間を通して日射量が多いので太陽光発電に向いています。

 

影の影響

太陽光発電は太陽の光によって発電するので本体の太陽電池モジュールに影がかかってしまうと発電出来なくなってしまいます。そのため太陽光発電を設置した後に自宅周辺で大規模な工事が行われて高層ビルが建ってしまうと、影に隠れてしまい予想以上に太陽光発電の効果が低くなってしまう事もあります。

また以前までの太陽電池モジュールはパネルの一部が影に隠れてしまうとパネル全体の発電効果が弱まってしまうためパネルの一部が影に隠れるだけで全体の効果が薄れてしまう仕様でした。

しかし現在の太陽電池モジュールはこの問題は改善されているようです。

 

メンテナンスが必要

太陽光発電の本体のソーラーパネルの寿命は20年~30年と言われていますがその間はメンテナンスが必要です。本体そのものは破損する事はあまり無いですが配線が切れたりパワーコンディショナーなどの周辺機器は破損する恐れがあります。太陽光発電の保証期間は10年間となっているのでもし破損が生じたら10年間以内でメンテナンス・修理を依頼しないと有料になってしまいます。

また太陽光発電の本体は破損しないものの屋根にホコリやゴミが溜まったせいで蓄電の効率が下がったり、鳥の糞を除去せずに放置していたせいで破損してしまう恐れがあります。太陽光発電の太陽電池モジュールは屋根に搭載されているため普段は目視することが出来ないので、太陽光発電の蓄電量などをチェックして効果が下がっていないかどうかを逐一チェックする必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。太陽光発電は地球と経済に優しい発電方法なので注目を浴びていますが、太陽光発電だからこそのデメリットもあります。特に本体のメンテナンスは怠ってしまうと太陽光発電の効率が下がってしまうので保証期間内にメンテナンスを行うようにしましょう。