太陽光発電の設置費用はいくら?

太陽光発電は屋根に設置した太陽電池モジュールによって日光を電気に変換し、室内の電力として利用できるシステムです。太陽光発電は自然のエネルギーを利用して無駄の無い発電方法なので地球環境に優しい発電方法として注目を浴びています。
今回はそんな太陽光発電を住宅に導入した際の設置費用についてご紹介します。太陽光発電は初期費用が非常に高額になるので事前に知識を身に着けておく必要があります。

太陽光発電の相場


太陽光発電の初期費用の目安は約200万円前後と言われています。太陽光発電の本体の単位はkW(キロワット)で表しますが、一般住宅向けの太陽光発電の平均容量が4.90kWで1kW当たり40.5万円程かかるのが目安であると言われています。当然ケースバイケースで200万円以上の初期費用あるいはそれ以下の金額になることもあります。目安以上の金額になる場合は設置環境や工法が普通の手段では難しい場合が考えられます。

例えば普通の設置の仕方では太陽光発電の十分な効果を得られない場合には特殊な設置方法が求められるので工事がかさんでしまいます。高いと不便だと思うかもしれませんが後々の太陽光発電の効率を考えると多少初期費用が高くても最終的に元を取れることもありますので料金に不満を感じたら必ず業者に確認を取ってみて下さい。勿論正当な理由無く1kW当たり40.5万円以上の価格を要求されたら他のメーカーに相談してみた方が良いでしょう。

逆に1kW当たり40.5万円以下の料金になることもあります。その場合、ケーブル等の周辺機器に安い製品を使用している可能性があります。太陽光発電は太陽電池モジュール本体よりも周辺機器の方が壊れやすいと言われているのであまりにも安い価格だった場合は疑った方が良いかもしれません。太陽光発電は10数年以上も長く利用するシステムなので闇雲に安い価格の初期費用ばかり追いかけないようにしましょう。

初期費用0円は可能!?


たまにネットで「太陽光発電の初期投資0円!」という広告を目にします。これは本当に0円なのでしょうか?答えは「初期費用」を0円にすることは可能です。しかし太陽光発電とは本来数百万円もの金額を費やして購入するものです。その価格が全て0円になることはあり得ません。初期費用が0円になるのには当然裏があります。

初期費用0円に出来る理由


太陽光発電の初期費用を0円に出来る理由は太陽光発電をローンで購入する為と「設置後に浮いた電気代」と「売電」を利用できるからです。太陽光発電とは日光を電力に変えて家庭用の電気として使用することが出来ます。また太陽光発電によって生じた電力を消費しきれなかった場合電力会社に電気を買い取って貰うことが出来ます。よって太陽光発電を設置すると2通りの金銭的メリットが発生する事になります。それらの金銭的メリットの金額を想定して初期費用としてあてがうことで0円にすることが出来ます。

この太陽光発電による発電量と売電価格はローンを組む時点で予測金額として決定されます。その際に発電量と売電価格が初期費用の金額を上回る場合は初期費用0円で使用することが出来ます。そのためもし設置後に思っていたよりも太陽光発電による電力を生み出せずに金銭的メリットがあまり出なかった場合、見積もりの時点で支払う必要の無かった金額を払う事になる可能性もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。太陽光発電の初期費用の相場は約200万円ですが状況によって金額は上下しますのであくまでも目安として覚えておいて下さい。初期費用0円で設置できる太陽光発電も存在しますが金額だけを見て選ぶのではなく納得の行く金額を提示してくれる業者を頼るように心がけて下さい。