太陽光発電による電気代カット

太陽光発電は屋根に設置した太陽電池モジュールによって日光を電気に変換し、室内の電力として利用できるシステムです。太陽光発電は自然のエネルギーを利用して無駄の無い発電方法なので地球環境に優しい発電方法として注目を浴びています。

では実際に太陽光発電を導入するとそれ位の電気代をカット出来るのでしょうか?今回は太陽光発電による電気代の省エネについてご紹介ます。

 

自然エネルギーによって電気代を省エネする

太陽光発電によって太陽電池モジュールが受けた日光を電気に変えることが出来ます。日光は無限に降り注いでくるもので電気にも変換しやすいので余計なコストがかからず、省エネに最適な電力源と言われています。

日光は1㎡辺り約1kWの電力があると言われており、もし地球上の日光を全て太陽光発電に置き換えたら1時間で世界中の年間消費量電力を賄うことが出来ると言われています。太陽光発電はそれだけ有効かつ効率の良い電力源なので、次世代を担う発電システムになり得ると言われています。

 

太陽光発電による電気代

太陽光発電を導入している家庭がどれだけ電気代を省エネ出来るかは普段の消費電気量と太陽光発電による予測発電量を計算する事で割り出すことが出来ます。太陽光発電は日が出ている時間帯でしか効果を発揮しないので深夜・早朝の時間帯では全く効果を発揮しません。

そのため深夜・早朝の時間帯は太陽光発電よりも消費電力の方が数値を上回ります。しかし朝から夕方にかけての日が出ている時間帯であれば太陽光発電の方が消費電力を上回ります。それらの数値を計算して月毎の数値が消費電力よりも太陽光発電の方が上回った場合、その家庭にかかる電気代は0円になります。

時期・状況によって電気代は変わる

東京都内の一般家庭が太陽光発電を設置した場合、エアコンを使わない時期で尚且つごく一般的な省エネの活動を行っていて月毎の電気代が5000円以下に出来ているのであれば電気代はかからないと言われています。

しかしオール電化を導入している家庭で冬場に給湯やエアコンなどで大量に電気代を消費してしまった場合はある程度の電気代がかかってしまいます。また東京都内の場合、太陽光発電を設置した屋根に影がかかってしまった場合、太陽光発電の数値そのものが下がってしまう場合もあります。

 

まとめ

 

太陽光発電を導入すれば確実に電気代を下げることは出来ます。しかしどれくらい下がるかは時期やそれぞれの家庭の電気事情によってことなります。実際に太陽光発電を上手に使用して毎月の電気代を0円にすることに成功している家庭も多々ありますので省エネに役立つ発電方法であることに間違いはないでしょう。