太陽光発電設置による補助金・助成金について ②

前回のブログでは太陽光発電の補助金・助成金についてその成り立ちを説明しました。

その際、茨城県つくば市では太陽光発電機器設置と蓄電池の設置により補助金がどのくらい出るか説明しました。

今回はつくば市の補助金・助成金について掘り下げて説明します。

なお今回の記事はつくば市のHPを参考にして部分的に説明しています。
詳しい内容については、誠にお手数ですがつくば市役所に直接お問い合わせ下さい。

つくば市では温室効果ガスの排出量削減の為にユニークな取り組みをしています。

その名も「つくば環境スタイル”smile”」です。

この取り組みの一貫として太陽光と蓄電池に対して補助金が支給されます。

この補助金制度の正式名称は平成29年度クリーンエネルギー機器等購入補助制度です。

この制度は必要書類を市役所の窓口で提出する事で申請可能です。

さて、重要な補助金の中身ですが以下に項目分けして示していますのでご参照下さい。

クリーンエネルギー機器設置事業補助金

太陽光発電システム+蓄電池 
補助金額:15万円 
新たに太陽光発電システムと蓄電池を同時に設置することで支給

蓄電池 
補助金額:12万円 
すでに設置済みの太陽光発電システムに連携する装置

クリーンエネルギー機器パッケージ 
補助金額:30万円 
太陽光発電システム、蓄電池、燃料電池、HEMSを新たに同時に設置することで支給

太陽熱温水器/太陽熱利用給湯器
補助金額:2万円

注1. 太陽光発電システムについては出力3㎾以上 
蓄電池については用量が4㎾以上のものが対象

注2. 太陽光発電システム単体では補助はございません

この他クリーンエネルギー自動車購入補助もあります。

太陽光発電とあわせて補助金の導入をご希望の方はつくば市役所にお問い合わせ下さい。

必要書類

以下の必要書類をもって市役所に行けば申請が出来、補助金が支給されます。

クリーンエネルギー機器 → 様式 第一号 (つくば市役所のサイトにPDFで添付されています)

・建築確認済証の写し
・工事請負契約書・購入契約書又は売買契約書の写し(印紙、押印のあるもの)
・該当する機器の見積書の写し(型式名、金額等が記載されたもの)
・設置機器の型式等が記載されているカタログの写し
・設置する住宅の全景と機器設置箇所周辺の現況写真
・設置場所の周辺地図
・住宅所有者の機器設置に係る同意書(機器を設置する住宅の名義が申請人と異なる場合のみ)
・委任状(本人以外が手続き等を行う場合、つくば市役所のサイトからフォームをPDFでダウンロードして印刷して提出して下さい)

太陽光+蓄電池、クリーンエネルギー機器パッケージには以下の書類も必要です。
太陽光発電パネルの配置図


蓄電池単体の申請は以下の書類も必要です。

既設の太陽光の発電出力がわかるもの(検針票の写し等)

機器の設置工事や購入が完了したら速やかに実績報告書と交付請求書及び添付書類を提出して下さい。

期限は平成30年3月30日となっていて、遅れると補助金の振り込みが出来なくなるので要注意です。

*実績報告書、交付請求書はHP上のPDFでダウンロード可能し、印刷して記入して下さい。

補助対象者

・つくば市内に住所を有する者又はその予定の者
・同様の補助金の交付を受けていない者
・申請者自らが契約し、機器等の所有者かつ使用者となる者
・住宅の所有者が申請者の名義と異なる場合、当該住宅の所有者に同意を得ている者

補助金申請について

申請受付期間

平成29年4月3日~平成30年3月15日まで

受付場所

つくば市役所 3階 環境課窓口

申請にあたっての注意

対象機器等の設置工事着工、車両登録のおおむね2週間前
申請書には添付書類の漏れが無いように注意して下さい。
また郵送は不可となっています。申請は窓口へ直接持参のみとなります。

実績報告書提出期限

平成29年3月30日(金曜日)
申請・工事等が完了した方は速やかに実績報告書のご提出をお願いいたします。
実績報告書のご提出が遅れてしまうと振り込み処理が出来なくなります。

まとめ

以上のように茨城県つくば市では申請書類と添付書類を環境課の窓口に届けると補助を受けられます。
また前回のブログでご紹介したHEMSを組み合わせることでエコのパッケージとなり更に補助金が増えます。

詳細についてはつくば市の環境課にお問い合わせ下さい。

つくば市環境課 連絡先
TEL 029-883-1111