ソーラーローンの金利 各金融機関比較

皆様は太陽光発電設備をつけると住宅ローンが設定できることはご存じでしょうか。

ソーラーローンとは、銀行や信用金庫などが「太陽光発電の利用者に限って提供している」、通常よりも低金利なローンのことを指します。

エコな暮らしを約束してくれる太陽光発電ですが、デメリットとしてはシステムが高額な点があります。

そういった問題を補うために、多くの方が頭金ゼロのこのソーラーローンを利用して賢く節約しています。

太陽光発電を利用したいけど、頭金が用意出来ない、金利手数料がもったいないという方の懸念を完全解決いたします。

今回はJAさんのソーラーローンの金利をはじめ、主要銀行のソーラーローンを比較して一緒にまとめてみました。

是非参考にしてみて下さい。

ソーラーローンはフリーローンなどと比較してどれほど低金利なのか

皆さんが一番気になる点はココかとおもいます。

住宅は人生最大の買い物と言われます。

マイホームの取得には多額のお金が必要で、住宅を取得した後も税金や修繕費などの支出があります。

また、お子様の教育資金や結婚資金、マイカーの買い換え資金など、次々と必要になってきます。

住宅を取得する際には先々のライフプランを考えることが必須となります。

住宅の取得には多くの方が住宅ローンを利用されます。

住宅ローンは10、20、30年あるいはそれ以上の長期間に渡って返済するものです。

その間に予期していないこともしばしば起こります。

それでも住宅ローンは最後まで返済しなければなりません。

住宅ローンは現在次のような状況にあります。

1.借入れ金利は史上類を見ない低い水準

2.借入金額は諸費用を含めた必要資金の80%程度が一つの目安ですが、近年では必要資金の100%まで融資が受けられる商品もある。

3.様々な税制上の優遇措置が講じられている。

各金融機関の様々なローンを比較してみるとソーラーローンには低金利のメリットがあります。

各銀行のソーラーローン

農協のソーラーローン(正式名称:リフォームローン

変動金利:3.475%
固定金利:3.75%
最大借入れ:1000万円
最大借入れ期間:10年
用途:太陽光発電の導入

イオン銀行のソーラーローン

固定金利:2.8%(保証料込み)
最大借入れ:1000万円
最大借入れ期間:15年
用途:太陽光発電の導入

ちなみに
教育ローン
変動金利:3.8%

ネットフリーローン
固定金利:4.8%-13.5%

カードローンBIG
年利:3.8%-13.8%

三菱東京UFJ銀行のソーラーローン

変動金利:3.475%→ エコ優遇で2.975%
最大借入れ:500万円
最大借入れ期間:10年
その他:500万円までなら来店不要

ちなみに
マイカーローン
変動金利:3.975%

教育ローン
変動金利:3.975%

多目的ローン
変動金利:5.475%

このように、ソーラーローンは
他のローンよりも優遇されていることがおわかり頂けたかとおもいます。

 

上記で例を出したイオン銀行さんと三菱東京UFJ銀行さん以外で見ても
ほとんどの金融機関において最低金利ラインでローンを利用する事が出来るようです。
これはエコシステムを導入する側にとって大きなメリットです。

まとめ

以上いかがでしたでしょうか、通常のローン金利は4-18%程度なのに対して
各会社のソーラーローンの金利は2-3%程度とかなり格安です。
ソーラーローンのメリットは低金利であることですがそれ以外にもメリットがあります。

ソーラーローン商品のメリットは

1. 頭金ゼロでも利用が可能
2. ほとんどの金融機関で、保証人は不要
3. 来店不要でオンライン手続きが出来る金融機関が増えてきている。
4. 繰り上げ返済による一括返済が可能
5. 大手金融機関に限らず地銀などでもソーラーローンの取り扱いが増えていると様々あります。

太陽光発電の普及により、消費者側の選択肢は広がっています。
太陽光発電をお考えの方は是非ソーラーローンをご見当下さい。

Follow me!