数値データを管理し、問題発生に備えます

太陽光発電において、メンテナンスは非常に重要です。
当初の計画通り発電されているかどうかを、当社は責任を持ってフォローさせていただいています。
発電量などの数値はカラーモニターで表示されるため、お客様から見ても一目瞭然。とはいえ、数値を意識して毎日チェックするのはなかなか難しいのもわかります。
モニターでは、1日、1週間、1ヶ月、1年間と数値が累積されますから、これを確認してもらえばいいのです。

私たちは、お客様に発電内容の集計をお送りするサービスも行っております。。3~4か月に1回、発電量をまとめてデータ比較しております。お客様毎に折れ線グラフで比較して性現れれば、何かしらの問題が生じている可能性があるということが見えてきます。



 

不具合の原因を突き詰め、すばやく対処

では、予測数値と実際の数値に著しい差がある時はどういうことが考えられるか、について記します。

例えば、太陽光発電システムのパネルのうち1枚でも故障や不具合が発生した場合、それに引っ張られる形で他のパネルの発電も落ちる可能性や、長年の使用によりパネル表面の汚れで数値が下がる場合もあります。
当社がメンテナンスさせていただいている事例の中ではありませんが、ある現場の隣家の太陽光パネルに、藻がびっしりと生えている光景を目にしたことがあります。
また、点検だけご依頼いただいたお客様で、1枚のパネルがどこにも接続されていなかったということもありました。
しっかりと発電を維持するためには、やはり定期的なメンテナンスが大切といえます。



 

お客様目線のメンテナンスを実践し続ける

最初の1年目を無料とするメンテナンスは、20年間を目安に定期点検を提案させていただいています。
というのもほとんどの太陽光パネルが20・25年間保証だからです。
ですから設置後、3年、5年、9年、14年~、というような間隔での定期点検をお勧めしています。何か問題が生じていても、メーカー保証期間内で対処できるように最低でも10年間はデータを管理し、点検をさせていただきたいと考えています。
定期点検の内容は、ソコデス・IVカーブトレイサー・サーモカメラ・ソラメンテという測定器を使用して点検します。
4種類以上の測定器を使用することにより、太陽電池モジュールの劣化や不具合を判断します。
また、目安の10年間が過ぎても定期的にお客様にはお声かけしますし、逆にお客様から気軽にお問い合わせやご相談を頂きたいと考えています。

10年、20年とお客様とのお付き合いはずっと積み重ねていきたいというのが、当社の変わらない考えです。



 

様々な機器を用いて施工や発電に問題がないか確認いたします

太陽電池アレイテスタ<SOKODESU(ソコデス)

・SOKODES(ソコデス)は、太陽電池アレイの障害位置検出テスターです。モジュール内の断線と接続ケーブルの断線箇所と地絡を接続箱から検出できます。弊社では、モジュール取付時の配線確認・動作確認、定期点検時の検査装置として使用している必須の点検機器です。この機器を持っていないと太陽光発電システムの点検は出来ません。


・測定方法
接続箱のプラスとマイナス端子台に差し込んで測定します。太陽光モジュールの何枚目に不具合が発生しているかを10秒程度で見つけることができます。これは、モジュールの内部抵抗値を計測して、規定値よりも抵抗値が大きくなったモジュールを異常モジュールとして判断します。



 

太陽電池アレイテスタ<IVカーブトレーサSIV-600

・通常の電圧テスターでは開放電圧の測定のみとなる為、モジュールの接続間違いは発見できますが発電電力の測定はできません。この機器は電流と電圧の変化を測定し各系統の発電性能をIVカーブというグラフで表示できるので、不具合がないかどうかを正確にチェック出来ます。


・測定方法
機器本体に日射計を接続してパネルと同じ角度で取付け日射量を測ります。機器本体から接続箱系統ブレーカーのプラスとマイナス端子のところで測定をします。



 

Solamente-iS(ソラメンテアイエス)

・屋根に上りパネル表面のバスバーにセンサをあてるだけで発電電流のみを正確に感知します。バスバー電流を感知すれば、その強さをスピーカーとLEDランプで表示します。発電していない箇所は反応がありませんのですぐわかります。


・曇りの日や急な天候の変化等、天候に左右されることなく安定した点検 施工確認ができます。



 

サーモカメラ(赤外線サーモグラフィ)FLIR E6

・太陽光パネル表面の温度を測定して、ホットスポット(特にパネル表面が熱い部分)が出来ていないかチェックします。ホットスポットが起こる原因として、鳥の糞や落ち葉、汚れなどガラスの表面の一部分がおおわれることによる外部要因、内部配線の不良などの内部要因が発電量の低下につながります。


※太陽光パネルは真夏の炎天下ですと、ガラスの表面温度は80度くらいになります。これ自体は普通のことで「ホットスポット」とは言いません。太陽電池モジュールの中でピンポイントに他の部位と比べて異常に熱くなっているところが「ホットスポット」です。