現場責任者だけではなくスタッフ全員が必ず全ての施工をチェックします!

私たちは完全自社施工で施工を行っております。それぞれのスタッフが自信をもって施工していますが、施工の内容は決して妥協しません。それぞれの工程ごとと施工完了後に工事内容に抜け・誤りがないかをお互いにチェックしながら行います。太陽光パネルは20年以上屋根に載せるので、雑な工事ではお客様の大切なご自宅に雨漏りなどのダメージを残す可能性が出てきてしまいます。

工事をしても安心して過ごしていただきたいので、私たちは工事内容を責任を持って行っております。

私たちが特に重視しているチェック内容

防水処理であるコーキング、プライマー、トップコートそれぞれがちゃんと施工をしているかチェックします。
3工程あり、どの工程でもミスがあると雨漏りなどの被害につながってしまうので、細心の注意をしつつ施工します。



 
 

パネル同士をつなぐ配線は垂れてしまうと風にあおられたり、雨水につかったりして故障の原因になるので、最適な長さで配線しなければいけません。
さらに、パワコンへの配線では2層管というより劣化しにくい管をつかって耐久性を上げています。



 
 

私たちがオレンジ君と呼んでいる赤チューブです。
パネルを取り付ける際との緩衝材となり、ボルトと接触による傷が防げます。この設置と同時にごみや汚れが屋根についてないかもチェックします。



 
 

パネルを固定する際にはトルクレンチという、一定の力で締められる工具をつかって固定します。誰がやっても一定の力で固定できるので、安定した金具の固定ができます。



 
 

最後に施工した全体をチェックし、ごみなどを回収・掃除して工事完了です。お客様の大切なご自宅です。私たちが工事をした後に汚れがあってはいけませんので、全員で掃除を行い、ゴミも残さず持ち帰りします。