太陽光発電は屋根に太陽電池を取り付け、太陽光のエネルギ-を直接的に 電力に変換する発電方法です。
作った電気は実際にご家庭で使用して、使いきれずに余った電気は「売電」という形で電力会社が買い取ってくれます。
災害などで停電になった時でも太陽が照っていれば電気を使うことができる環境にやさしく、経済的にも嬉しいシステムです。
近年の競争によって性能が向上し、設置やメンテナンスが容易である等の利点や、 低炭素社会の成長事業としての将来性をかわれ需要が拡大しています。


太陽光発電と太陽熱温水器の違いは?

太陽エネルギー利用には光を電気に変換し利用する方法と熱を利用する方法の2通りがあります。


太陽光発電

太陽光発電は、陽の光エネルギーをシリコンなどの半導体により直接電気エネルギーに変換するものです。

太陽熱温水器

太陽熱温水器は太陽の熱エネルギーを利用して水の温度を上げ、お湯を作るシステムです。

自立運転でいざというときにも安心!

地震や台風などの災害などで停電になった場合でも、太陽光発電システムなら太陽が照っていれば電気を使うことができる自立運転で電気を供給できます。  

パワーコンディショナ本体の自立運転コンセントに、使用したい電気製品を差し込めば発電している分の電気を使うことができます。
天候条件や時間帯によって制限はありますが、自立運転に切り替えることで自立運転コンセントでAC 100V (最大15アンペアまで)が使用できます。

これを上手に活用すれば、停電が復旧するまででもさまざまな電化製品が使用可能できるのです。
テレビやラジオなどを使用して災害時の最新情報を確認したり、携帯電話を充電しておくことができます。
停電時にも、さまざまな場面で活躍するのが太陽光発電システムです。