天候により発電量は、快晴時約24kWh/日-曇り約2~3kWh/日-雨天約0,3~1kWh/日と変化します。(当社お客様データ4.30kw) 
発電量は昼12時頃が最大となります。

一般家庭で太陽光発電システムを設置した場合、昼間たくさん電気を作り出し、家で使う電気を補うことができます。
多くの電気を発電するのでその日のうちに使いきれずに余ってしまうこともあります。この余った電気を電力会社が買ってくれます。これを売電と言います。



しかし曇りや雨の日でも日射の強さに応じて発電しますが、晴れに比べれば圧倒的に発電量は少なくなるので、この時は補えない電気の方が多い為、電力会社から電気を買うことになります。
これを買電と言います。 売電と買電は自動で行われますので、特別な操作は必要ではありません。  
一方、真夏の晴れた日には冷房などの利用が増加し、一年でもっとも電力利用が増加します。
また、太陽光発電を設置していることにより、電力供給がもっとも切迫する真夏の電力消費量を抑えることができます。