絶縁抵抗測定中!

カテゴリ:blog

産業用太陽光発電システムの現場で、「絶縁抵抗測定」を行っております!

なんだか難しい言葉ですが「絶縁抵抗測定」ってなんでしょうか?

電流が流れる電路における電路相互間及び電路と大地との間の絶縁性(電流が漏れない性能)のこと。単位はΩ(オーム)であるが、一般的にはその100万オームの単位 (メガオーム)が用いられる。絶縁抵抗が低くなると漏電を生じ、感電火災等の原因となる。絶縁抵抗の測定は、電気保安の基本となっている。電気事業法に基づく「電気設備に関する技術基準を定める省令」(電気設備技術基準)によって、具体的な基準が定められている。

Wikipediaより

簡単に言うと、「電気が地面に漏れにくさの値」で、値が低いと漏電してしまいます。しっかりと測定し、周辺に危険が及ばないように管理します!
こういう一つ一つの作業が、とても大切です。

ページの先頭へ